気の学問とは? GraceAkademeia 女子力あげる麗人養成スクール 気学で女子力UP!

TOP > 気の学問とは?

気の学問は『愛』の学問であり、女性のテーマです。
気の学問は「天の時」「地の利」「人の和」の3つを重んじる学問です。この「天の時」「地の利」「人の和」は運命を繁栄に導くキーワードで、『天地人三才』と言います。時や四季、自然の摂理から天の愛である天佑神助を学び、地球の自転から地の愛である惹きつけ力を学び、人と人の気を合わせ調和を学ぶことで「和を持って尊しをなす」を実践します。気の学問は愛の実践なのです。 気の学問を習得し、自ら運命をコントロール出来れば、健康を保ち、家庭が繁栄し、事業を発展させ、人生を成功に導くでしょう。



気の学問は、聖徳太子の時代から飛鳥のこころ、大和の魂、大和撫子、武士道、麗人道の徳として継承されてきました。
気の学問は、古くは中国4千年の叡智として集大成された東洋哲学のエッセンスです。後に干支、易経、陰陽道、儒教、四書五経と発展し、陰陽五行説にインド哲学が加わり、日本においては大和魂、武士道、道徳として伝わりました。
歴史上崇高な生き方をした、老子、孔子、朱子の思想から政治上では、孫氏や諸葛孔明へと伝承され、聖徳太子が日本での最初期の学び舎、法隆学問寺で教学として採用してから、人々の精神世界を形成し、時代の文化の基盤を築きました。
この学問を中国では「帝王學」と称し、日本では「天地の学」として、公家では陰陽師が継承し、武家では足利家から織田、武田、徳川に至るまで足利学校を中心に教えられ、一般では道徳として学習しました。
明治維新後、吉田松陰先生から井上馨先生へと継承された、この武士道・麗人・道徳の教えは、日本の大実業家である、『日本資本主義の父』渋沢栄一先生や『日産コンツェルン創始者』鮎川義介先生らに託され実践し、世界でも最初期に最大規模のマネジメントを完成させました。
渋沢先生、鮎川先生の功績は、遠くアメリカの経済学者、P・F・ドラッカーにも影響を与えました。